10年使える上品な本革バッグ。トフ&ロードストーンのミニヨンリザードを買った。

一生ものを見つけたい

「そろそろ、年齢的にちゃんとしたバッグがほしい」

「皆が持っているようないわゆるブランド物じゃなくて、知る人ぞ知る的なブランドで、でもちゃんとしたバッグがほしい」

そんなこだわり派のあなたに全力でおすすめしたいバッグのブランドが、『トフ&ロードストーン』です。

詳細は後述しますが、10年使える大人の女性のためのバッグとして買ったのが、このバッグ。トフ&ロードストーンのミニヨンリザードです。

トフ&ロードストーンの牛革2wayボストンバッグ「ミニヨンリザード」 スタバのコーヒーとともにデキる女風を気取ってみた。

30代半ばのワーママ。ちゃんとしたバッグを持たねばと思った

私は現在30代半ばのワーママですが、ちょうど1年前くらいに、「ちゃんとしたバッグをひとつも持ってない・・・どうしよう・・・」と焦った時期がありました。

毎日まいにち仕事と育児と家事に追われている身なので、ちゃんとしたバッグを使う機会なんてまったくないから心配する必要すらなかったのですが、それでもふと不安になったのです。

服を選ぶ基準が「汚れても目立たないかどうか」だったり、持ち歩くバッグは両手があくリュックかショルダーバッグのみだったり、そもそも着飾って出かけるような機会すらなく、完全におしゃれから遠ざかって5年ほど経とうとしていたある日、私の中の女の本能が叫んだような気がしたんです。

あんた、それでいいの?」と。

10年後、40代半ばになって、子育てがひと段落したときに、大人の女性の品格みたいなものを身につけられているのかどうか、急激に不安に襲われました。

そして思いました。

「今のままではダメな気がする」

大人の女性の定義すらよくわからない中で、パッと頭に浮かんだのは「いいバッグをひとつ持とう。」でした。

洋服もメイクもプチプラばかりな私だけど、「コーディネートの格を上げてくれるようないいバッグ」がひとつあれば、なんだか勇気が持てそうな気がしてきたからです。

「いいバッグ」と言えばブランド物ですが、子育て世帯、時短勤務でがっつり給料が減らされている我が家には、はっきり言ってそんな予算はありません。

というか生まれてこのかたブランドに一切興味がなく、いまさら背伸びしてブランド物を買おうとは思えなかったし、なんか「全然似合わないのに変に頑張っちゃってる感」が出てしまいそうな気がして嫌でした。

私が欲しいなと思ったのは、

①誰もが知るようなブランド物ではなく知る人ぞ知る的なブランド

②人とあまりかぶらない

③品質がしっかりしている

④10年使える上品さがある ←ココ重要!!

⑤お値段は10万円以内、できれば5万程度

そんなブランドのバッグでした。

ということで、貴重な休日のひとり時間を費やして街をうろついたり、たまった家事もせず夜な夜なネットサーフィンをしたり、病院や美容室の待合室で雑誌を読みまくったりして、出会ったのがこのトフ&ロードストーンでした。

トフ&ロードストーンは、どんなブランド?

2004年創立の、日本のバッグブランド。

ブランドネームの由来は、クラシックな「TOFF(=洒落物)」と、モダンな「LOADSTONE(=人を惹きつけるもの)」の絶妙な調和。

アンティークのような時を超えて受け継がれるデザインをコンセプトに、バッグとしての美しさはもちろん、機能性に優れたデザインを提供する。

現在は全国のビームス、ユナイテッドアローズ、シップスなど大手セレクトショップを中心に展開している。

ファッションプレスのトフ&ロードストーンブランド紹介より引用(著者要約)
https://www.fashion-press.net/brands/3505

トフ&ロードストーンのバッグの価格帯はだいたい2万~高くて5万ちょっとです。

インスタや電車の中でよく見かけるのはショルダーバッグ。インスタでもわりとよく見ます。かわいいけど、皆持ちすぎな感じ。

もう少し大きくて、お財布、携帯、ポーチ、文庫本くらいが入るボストンサイズがいいなあ、、と思って選んだのがミニヨンリザードでした。

ほかにもバッグの種類は種類はあったけど、ちょっとした食事会にも、カジュアルなコーデにも使えてほどよく女性らしく、10年後まで飽きずに使えそうなのはこれだ!という、言ってしまえばもう一目惚れでした。

だって可愛いんだもん。見てくださいこれ。

こんなにかっこよくて美しくて綺麗なバッグ、運命を感じずにはいられなかった。

私が買ったミニヨンリザードは定価44,000円。

自分に使えるお金があまり潤沢にはない育児中のワーママが、大人の女性への最初の一歩として買うのにほどよい価格帯なのかなと思いました。

とはいえ私にとっては大きな買い物だったので、絶対に失敗はできません。

いきなりネットで買うのは怖かったので、実際に百貨店まで足を運んで実物を見たうえで決めました。

実際にモノを見てみた感想は、「あ、これは高見えするな」でした。正直10万円と言われても「ふーん、そうなんだ」っていう感じです。

持った感じはけっこう硬くてしっかりしてる。口は大きいんだけど、硬いから、中身を取り出すときは少し気になるかな。でも長持ちするってことかな、とプラスに捉えました。

取っ手のコバ塗りも丁寧で、さすが日本製。細部までこだわった作りです。美しい。

素材は牛革で、その上にリザード型押しと透明のフイルム加工がされています。フイルム加工のおかげでつやっとした光沢が生まれていて高級感があります。個人的には、ちょっとした雨や汚れに強そうなのが嬉しい。

リザード型押し+透明フイルム加工。ブランドオリジナルの真鍮素材のパーツが、アンティーク感を醸し出してくれています。

実物を見て「もうこれは買う」と決めた私だったのですが、唯一不安だったのは「10年使えるかどうか(45歳くらいになったときに安く見えたり飽きたりしていないか)」でした。

相談してみた百貨店の販売員さん(推定50歳)から「40代50代の人まで幅広い年齢層の人が使っているので、長く使えるバッグなのは間違いない」と言ってもらい、なんだか背中を押してもらいました。

正直10年後の自分の好みはわかりません。でも「これだ!!!」と思って選んだ結婚指輪は、10年経つ今も変わらず好きなので、このバッグもきっと10年後まで愛せると信じています。

ちなみに色はさんざん悩みました。悩んだのは3色で、アイボリーとブラックとストーングレー。

悩みまくりましたが、最終的に一番コーデに合わせやすそうなストーングレーに決定しました。(その後ネットで色々見ていたら、やはりストーングレーが一番人気らしい)

公式インスタを見ると、とにかくおしゃれでコーデの参考になります。迷っていたアイボリーもやっぱり素敵。夏に使いたい。

ブラックも落ち着いた大人の女性に見えて良いですね。(アウターが黒が多いので断念したのです)

こちらはレッド。差し色として赤いカバン持つの綺麗だなあ。いつかやりたい。

ちなみに販売員さんに相談しておきながらその日は購入せず、最終的に私が購入したのはAmazonでした。(販売員さんおよび百貨店の皆様すみません。なんとAmazonだったらポイントがめっちゃつくというのを見てしまったのです・・・)

商品ページはこちら↓

トフアンドロードストーン ミニヨンリザード

定価44,000円のままの販売ですが、Amazonのプライム会員ならかなりの金額のポイントがつくのでお得に買えます。(2020/1/25現在は15%ほどついてます)

当時はAmazon派だったのでAmazonで買ったのですが、最近はポイント投資のために楽天派になりつつあるので、いま買うなら楽天かな。

「トフ&ロードストーンの正規販売店」と記載があるお店で買うのが安心かなと思います。(画像は 【公式】バッグ通販TORATO さんのものをお借りしています。)

【正規販売店】トフアンドロードストーン ミニヨンリザード ショルダー ハンドバッグ ボストンバッグ Women’s Mignon Lizard TOFF&LOADSTONE TL-5180

ブランド名がデザインされている内生地が上品な印象。スマホをすぽっと入れられるサイズの内ポケットもあるのが地味に便利です。

細かいですが、チャックを閉めるときは、この写真のように真ん中に金具を持ってきて閉めるのがおすすめ。端で閉めると金具が当たって音がするので。

大人だけでのおでかけなら、ショルダーを外してクラシックな感じで持つのも良し。子どもとのお出かけならば、肩にかけて持てるようショルダー付きにするのが安心かもしれません。

こちら新色のマルーンというお色だそう。ラフなコーデも格上げしてくれる上品さ。この色も欲しい。

ジャケットと合わせればかっちりした印象に。

以上、大人の女性デビューの第一歩として買ったミニヨンリザードについての記事でした。

バッグ探しを迷われている方の参考になれば嬉しいです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

★Twitterやっています → らっこ@学び好きワーママ
日々の気づき、読んでよかった本の感想などをつぶやいてます。わりと頻度高くつぶやいています。よかったらフォローお願いします。
 
★noteも書いてます → らっこママのnote
ブログではノウハウ、おすすめモノとか本について書いてますが、noteでは「そのとき感じたこと」をオチもなくだらだらと書いてます。よかったらフォローお願いします。

人気記事一覧↓

イッタラのティーマ新色ハニーは、差し色に最適!【イエローとの違いは?】
靴は高くて良いものを長く履くべきか、安いものを履き潰していくべきか問題。
ワンオペ休日をストレスなく過ごすための3つのポイント
週末作り置きの進め方【料理嫌いのワンオペワーママ】
ずっと欲しかったバロックパールのピアス、買うんじゃなくて作りました。

新着記事一覧↓

オーディブルを半年使ってみた感想とよく聞く本まとめ。
アラビアのトゥオキオ20cmプレートが万能すぎる件。
『マップス 新・世界図絵』はなぜ人気なのか?【親子で楽しめる世界地図絵本】
心をほぐしたいときに読みたい、ヨシタケシンスケの『思わず考えちゃう』
人生の底を脱して、ようやく自分の望む生き方が見えてきた話⑧

コメント

タイトルとURLをコピーしました