実家がない=究極のワンオペだと思う件。

ワンオペ

こんにちは。ワーママのらっこです。

今日も家事に育児にお疲れさまです。

ちょっと重いですが、タイトルについての話を書きます。

ワンオペに苦しんでいて出口が見えない方、ぜひ読んでみてください。

私は今31歳なのですが、実母を大学生4年のときに亡くしまして、実父を社会人6年目のときに亡くしました。

今年、実母を亡くして10年が経ったことになります。

実母とはとても仲が良かったので、突然の知らせを聞いたときには驚いたし、事実を受け入れるのに少し時間がかかりました。

実父のときは数年間の闘病もあったので、ある程度の心の準備はできていました。

それでも20代で両親を亡くすというのは、自分なりには辛いことでした。

なのでこの10年は「精神的な自立」を求められた期間だったと思います。

両親の他界後の複雑な事情が絡み合って、私は実家方面の人とはほぼほぼ縁を切っています。

現在、親戚付き合いがあるのは夫の家族のみです。

最近「ワンオペ」という単語をよく聞きますが、その多くは「近くに頼れる人がいない」という物理的な状況のことを指すことが多いように思います。

ただ実の両親がすでに他界していたり、実家と縁を切っているとなると、自分の実家サイドに「辛い」「疲れた」「もう嫌だ」等々、日々の愚痴を吐ける相手すらいないということなんですよね。

つまり物理的に頼れないだけでなく、精神的にも頼れないということです。

「これってもう究極のワンオペじゃね?」と思っています。

夫が忙しくて話すこともできないような時期はもう完全に孤独ですからね。

そんな時期に仕事忙しくなったらそりゃ潰れるわ。と自分でも思います。

もちろん物理的にワンオペなだけでも辛いです。

でも遠くにでも精神的に頼れる存在がいてくれるなら、精神的にはワンオペでないだけでもだいぶマシなのではないかと思います。

別に嫌味ではなく、本当にそう思うのです。

生きてるだけいいじゃんと普通に思います。

(そんなこと言ったら場が凍り付くので私生活ではもちろん言えません)

別にワーママでなくても、30過ぎても40過ぎてもいまだに実家を頼りまくっている人も世の中にはいます。そういう人に対して何を思うこともありません。

ただ、保育園のママさんたちでお迎えがほぼ祖父母な人とかを見ると、「甘えられていいよね~」とは思います。

祖父母はどこに住んでるのかな?もしかしてこっそり同居してる??保育園選考よく通ったね??嘘ついてない??等々…

ブラックな自分も顔を出しそうになりますが、他人の家庭に口を出さないがモットーですので、必死にスルーします。いつ後ろから刺されるかわかりませんし。

でもそういう恵まれた人と自分の境遇を比べてしまうとどうしてもメンタル的に落ちてしまいます。

つい先日もTwitterでこんなことをつぶやいていました。

まだまだ修行中ですが、世の中の不平等に負けないで生きるための精神コントロールの術を身に着けようとしているところです。

今のところ、この3パターンで乗り切っています。

1. 祖父母から自分の子育てに口を出されるよりはマシだと思う

ママ友さんの中には、将来自分の子どもの通う学校まで親に決められている人もいるそう。

そんなしがらみがないだけでも楽だと思おう。

この週末をどうに過ごすかを自分で決められる。そんな自由があるだけでもいいじゃないか。

と思うことにする。

2. 今この環境に耐えることで自分はめちゃくちゃレベルアップできていると考える

親に頼っている人達は、今は楽かもしれないけど、ワーママとしての成長はできていない。

親を頼った分、老後は親の面倒を見ないといけなくてきっと大変に違いない。

ワーママとしては自分の方が絶対にがんばっているし、このがんばりは将来きっと何かの形で報われる。だから耐えよう。

という感じで自分を励ます。

参考:ワンオペワーママ生活を支えてくれている6つの言葉。

3. 禍福は糾える縄の如しという言葉を信じる

「幸福と不幸は、より合わせた縄のように交互にやってくる」という意味のことわざです。

これは私が生きる上でとても大切にしている言葉で、母を亡くした頃から自分で自分に言い聞かせるようになりました。

私は人生は幸せと不幸せがプラマイゼロになるようにできていると思っています。

私より不幸な人もたくさんいると思いますが、私もそこそこ不幸だったと思うので、これから先の未来はラッキーなことしかないはずだと信じています。

ていうかそう信じないとやっていけないです。

今が辛くてもいつか報われるに違いないという根拠のない希望を胸に、明日もワンオペがんばりましょう。

ちなみに、私が辛すぎて病みそうだったときによくやっていたのは「自分より大変そうな人を探すこと」でした。

こう書くと暗いのですが、私の場合は効果がありました。

例えば、シングルマザーさんでひとりで子どもを育てている人。旦那さんと離婚調停中だけどがんばっている人。病気と闘っている人。

世の中には大変でも乗り越えようとしている人がこんなにたくさんいる。

そう思えるだけで救われていました。

このブログをここまで読んでくださったあなたは、ご両親は頼れないにしても、ご健在ですか?

もしそうなら、ここにもっと不幸な人間がいるので、大丈夫です。

こんな私でもなんとかワンオペワーママをやってこれているので、きっとあなたも大丈夫です。

自分の心と身体を第一に、一日一日を乗り越えていきましょう。楽になるときは必ずやってきます。

もし私と同じ状況なら、同志です!ともに乗り越えましょう!

今日も一日お疲れさまでした。

ではでは。

★らっこって誰?って方はこちら↓

ブログについて【ワーママらっこは何者か?】

★Twitterやっています → らっこ@学び好きワーママ
日々の気づき、読んでよかった本の感想などをつぶやいてます。わりと頻度高くつぶやいています。よかったらフォローお願いします。
 
★アメブロも書いてます →かなぴろのワーママ日記
つらつらと育児日記を書いています。ブログには基本的に考えた結果、行動した結果を書いていますが、アメブロには渦中のことや悩んでいる最中のことも書いています。よかったらフォローお願いします。
 
★noteも書いてます → らっこママのnote
ブログではノウハウ、おすすめモノとか本について書いてますが、noteでは「そのとき感じたこと」を書いています。よかったらフォローお願いします。
 

最新記事一覧はこちら↓

【35歳ママが4ヶ月で8キロ痩せた】ダイエット方法まとめ。
『LIFE SHIFT』を読んで、人生を変えるために動き出したよ。
人生の底シリーズのエピローグ【もがいている最中にいただいた言葉たち】
ミネラルザワールドに行ってきた!【ジュエリー初心者の戦利品レポ】
【2人目妊娠】切迫妊婦のコロナ禍でのNIPT体験談

人気記事一覧はこちら↓

ロンシャンのバッグはなぜここまで人気なのか?【使ってみた感想&考察】
イッタラのティーマ新色ハニーは、差し色に最適!【イエローとの違いは?】
靴は高くて良いものを長く履くべきか、安いものを履き潰していくべきか問題。
ワンオペ休日をストレスなく過ごすための3つのポイント
週末作り置きの進め方【料理嫌いのワンオペワーママ】
この記事を書いた人
rakkomom

35歳、零細企業で働く時短ワーママらっこです。
7歳の息子と0歳の娘、長時間労働夫の4人家族。
読書記録、キャパ狭のワーママが倒れずに生きていくための工夫を書いています。

rakkomomをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました