あえて受注生産品を買うことのススメ【天然石のピアスをオーダーした話】

一生ものを見つけたい

こんにちは。不要不急のもの好きワーママのらっこです。

最近、ジュエリーの魅力に取りつかれています。

息子を寝かしつけた後、夜な夜なネットサーフィンをしては「次はどんなジュエリーを買おうかな~」と妄想するのが至福のときです。

それでですね、数日前に楽天で新しいジュエリーをポチったのですが、そのときに新しい気づきがありまして。

今日はその気づきについて書いてみたいと思います。

その気づきとは、

ズバリ、

受注生産品を買うと、長くウキウキワクワクできる!!

ということです。

どういうことかと言いますと。

女性って先の予定を楽しみにして生きていられる生き物なんです。

詳細については黒川伊保子さん著の『妻のトリセツ』を読んでいただきたいのですが(このトリセツシリーズ、『夫のトリセツ』『人間のトリセツ』など種類があってめちゃめちゃ面白いのでおすすめです)

この本の中の表現を借りると、「女性は何か楽しみな予定があるときに、その予定の前後2週間、計1ヶ月は楽しめるもの」なんです。

たとえば結婚記念日に夫から「結婚記念日には美味しいレストランに行こう」と言われたとしたら。

・女性はその予定のずっと前から「何を着て出かけようかな」とか「どんな髪型で行こうかな」とか「ご飯は美味しいのかしら」とかウキウキしながら機嫌よく過ごせる

・その予定が終わったあともしばらく幸せに浸っていられる

という性質を持っているんです。

この性質をジュエリーを買うということに応用すると、受注生産ってまさに最高の仕組みなわけです。

1:ジュエリーを選ぶ過程で楽しめる

2:ジュエリーを注文して、届くまでの時間をウキウキして楽しめる

3:届いた商品を開ける瞬間に楽しめる

4:届いてからはしばらくコーディネートを楽しめる

と、4ステップあるから、4回おいしいのです。

最近のネット通販って注文してから発送までの時間がすごく早くて、速攻で届いちゃうじゃないですか。

だから買い物の工程が、

1:ジュエリーを選ぶ過程で楽しめる

2:届いた商品を開ける瞬間に楽しめる

3:届いてからはしばらくコーディネートを楽しめる

の3ステップしかないわけです。

これってなんか、もったいなくないですか?

生活必需品だったら早く届いてくれる方がありがたいんだけど、趣味のものだったらもう少し届くまで時間がかかった方が届くまでの時間も楽しめるのになあ、って思ったりもするんです。

そんなときにちょうどいいのが受注生産品なんですよ。

届くまでの間、「どんな色かなあ」「どのくらいの大きさかなあ」「どんな風にコーディネートしようかなあ」なんて楽しむ時間が生まれます。

あと「オーダーして作ってもらう」っていう響きがなんかいい。なんかこう、特別感がある気がする。

ちなみに楽天で売られているジュエリーって人気ものになればなるほど在庫あり品が多いんですけど、ちょいちょい受注生産品もあります。特にリングとかね。

でも受注生産とはいえ、だいたいが日本生産なので、受注生産の商品は3~4週間くらい納期のところが多いです。(海外生産だと3ヶ月とかかかる)

1ヶ月弱って何かの予定を楽しみに待つのにちょうどよい長さかなと思うんです。これより長すぎると忘れちゃったりしそうだし。

届くまでの時間をドキドキ、ウキウキしながら楽しみに過ごすことって、毎日の中に小さな幸せを感じる瞬間を増やすことにつながると思うんですよね。

ただでさえストレスが多い生活を送っているからこそ、幸せを感じる瞬間を増やす工夫をしていく必要があるなあと感じる今日この頃です。

ちなみに私の今年の目標は幸せを感じる時間を増やすことです。

関連note : 毎日が幸せだなあと思えるように、心がけることにした2つのこと。

はい。

それで本題に入りますと、今回私が一目惚れして買ったのはですね、こちらのブルートパーズのピアスです。

K18 ローズカット ブルートパーズ ピアス | RAPA

かわいっ!!!

写真はホワイトゴールドですが、私はイエローゴールドでオーダーしました。他のジュエリーもイエローゴールドが多いので。

散々いろんなお店を見た中でこの商品にした決め手は、石の大きさと、石を留めている爪のデザインです。

まず石の大きさについて。

カラーストーンを扱っているお店は死ぬほどありますが、だいたい石の大きさが3~4mmなんです。

個人的なイメージでは、3mmは単独使いだとちょっと存在感にかける感じの印象(私が持ってる

これはこれで鮮やかな青で素敵なんですけど、私、この爪の先っぽが尖っているデザインがTHE・工房!!っていう感じであまり好きじゃなくて(失礼)どうしても爪先は丸みを帯びた感じの、柔らかく洗練されたデザインがよかったのです。

それで探して探して探しまくった結果、たどりついたのがこの商品。

可愛らしいのにアンティークっぽすぎず、絶妙なバランスだなと思いました。

他のカラーストーンもありましたよ。

写真の色だけを比較するなら、このガーネットのピアスが一番きれいだなと思いました。派手すぎず、大人びた色ですごく素敵。

K18 ローズカット ガーネット ピアス | RAPA

口コミもガーネットの方が多かった。ただ私の顔はレッドがあまりに合わない、と思って断念。たぶんブルーの方が似合うと思う。

こちらのアメジストも品のある感じで素敵だなと思いました!

K18 ローズカット アメジスト ピアス | RAPA

正直、ブルートパーズとアメジストで悩んだのですが、最終的にブルートパーズに決めたのは、石言葉が決め手でした。

ブルートパーズの意味:

  • 精神を安定させる
  • 集中力を高め、頭の働きを高める
  • 問題解決能力を高める
  • 目標達成をサポートする
  • 感受性や創造性を高める 

ガーネットの意味:

  • 誠実さを高める
  • 勇気を与える
  • 生命力を高める
  • 絆を深める
  • 忍耐力を養う

アメジストの意味:

  • 潜在能力を引き出す
  • 精神を安定させる
  • 恋愛成就
  • インスピレーションを高める
  • 勘が鋭くなる

https://earth-river.com/effect/より引用

今の私はこのブルートパーズの意味すべての力が欲しい!!と思ったのです。

この天然石のピアスシリーズは、一個が3,000円だったら3色大人買いしていたかもしれないくらい綺麗。

でもひとつ13,900円もしたので(2020年4月現在)、とりあえず1個で我慢です。

順調にいけば5月の上旬に届くので、届いたらまた写真撮って載せます。

ウキウキ楽しみにする日々をしばらく過ごしたいと思います!

そんなわけで、ひとつの買い物でも、あえて受注生産品を頼んでみると楽しみが長く続いてよいかもです、という話でした。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

ちなみに今回見た楽天のお店はこちら。

RAPA

K18ジュエリーのみを扱っています。ジュエリーのお店は野暮ったいお店が多い中で、デザイン性の高いジュエリーが結構あるお店だなという印象です。これからいろいろ覗いていきたいと思ってます。

(夫に全力で止められたけど)このニコちゃんデザイン、可愛いと思う。

このリング↓を2個買って重ね付けしたら絶対に可愛いと思うんだ。実は地味にスイートテン候補。

これもありそうでないデザインのリング。かわいい。ちょっとガーリーにしたい気分の日に、人差し指か中指にさらっとつけたい。

こういうシンプルなリングも欲しい。これは人差し指か薬指につけてかっこいい印象にしたい。気分によってハーフエタニティのリングと合わせてフォーマルにもできそう。

ということで、今日も夜な夜なジュエリーコーデの妄想をして寝ます。

★ジュエリー関連の記事はこちら↓

一生もののジュエリー探し、はじめます。

右手につけたいシンプルで個性的なリング【ジュエリー工房オレフィーチェ】

原石の魅力。スライスダイヤモンドのブレスレットを買った話。

【35歳の女性におすすめ】日常使いしたい“本物”ピアス3種まとめ。

ずっと欲しかったバロックパールのピアス、買うんじゃなくて作りました。

★らっこって誰?って方はこちら↓

ブログについて【ワーママらっこは何者か?】

★Twitterやっています → らっこ@学び好きワーママ
日々の気づき、読んでよかった本の感想などをつぶやいてます。わりと頻度高くつぶやいています。よかったらフォローお願いします。
★noteも書いてます → らっこママのnote
ブログではノウハウ、おすすめモノとか本について書いてますが、noteでは「そのとき感じたこと」を書いています。よかったらフォローお願いします。

最新記事一覧はこちら↓

オーディブルを半年使ってみた感想とよく聞く本まとめ。
アラビアのトゥオキオ20cmプレートが万能すぎる件。
『マップス 新・世界図絵』はなぜ人気なのか?【親子で楽しめる世界地図絵本】
心をほぐしたいときに読みたい、ヨシタケシンスケの『思わず考えちゃう』
人生の底を脱して、ようやく自分の望む生き方が見えてきた話⑧

人気記事一覧はこちら↓

イッタラのティーマ新色ハニーは、差し色に最適!【イエローとの違いは?】
靴は高くて良いものを長く履くべきか、安いものを履き潰していくべきか問題。
ワンオペ休日をストレスなく過ごすための3つのポイント
週末作り置きの進め方【料理嫌いのワンオペワーママ】
ずっと欲しかったバロックパールのピアス、買うんじゃなくて作りました。
この記事を書いた人
rakkomom

30代ワンオペ時短ワーママらっこです。
5歳の息子と長時間労働夫の3人家族。
ワーママが倒れずに生きていくための工夫を書いています。

rakkomomをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました