一生もののジュエリー探し、はじめます。

一生ものを見つけたい

突然ですが、一生もののジュエリーを探し始めたいと思ってます。

ここ最近、バロックパールのピアスを作ってみたりゴールデンパールのピアスを買ってみたり、自分の中でのジュエリー熱が高くなってきてまして。

まだブログには書いていないけれど、ちょちょことネックレスやピアス、リングなども買ってます。

自分のお小遣いから前借りして買い、何ヶ月かかけてちびちび分割返済しています。笑
(買ってよかったものについては、追って書いていきたいと思います!)

あと2個ほど欲しいピアスがあって、それに向けてちまちま準備中です。

こんなにジュエリーに興味を持ったのは人生で初めてかもしれません。

自分でも驚く変化です。

最近の仕事でジュエリーやブランドものについて考えたり調べたりする機会があったり、ジュエリーを身に付ける人達に触れる機会があり、ジュエリーに対しての興味が湧いてきたのがきっかけ。

でもなんで今ジュエリーなんだろう、と思う自分もいます。

世の中に逆行している気もする。

今の世の中って、30〜50年前と比べて、モノを所有することの価値って下がっていると思うんですよね。

何かを欲しいと思ったらネットでボタンひとつ押せば自宅に届いて、色んなものが手に入りやすい時代だし。

若い子たちを中心に、「モノなんかより経験が大事」という考えが浸透してきていたりもしているし。

車をシェアしてみたり、ブランド品だってレンタルできるし、モノを所有する意味って一体ナニ?みたいな雰囲気すらある。(という気がする)

しかも今の現役世代って将来もらえる年金は少ないからお金を貯めておかないといけないとかいう恐怖に怯えたり、子どもをちゃんと成人させてあげられるだろうかっていう不安と戦っていたりもします。

本当は欲しいものがあっても我慢したり、欲しいと思わないように努力したりしていたりもするんじゃないかな。

私自身は、モノより経験が大事という概念には賛同しています。

育てをしていく中でもできるだけたくさんの経験をさせてあげようと思ってます。

たとえば3万円の臨時収入があったら、何かを買うよりも、日帰り旅行したり、思い出に残るような外食をしたいかなと思う。

社会に出てからこれまでずっと、なんだかんだモノを売る仕事をしてきているなかで、やっぱりモノにはモノの価値があるなとも思うんですよ。

自分が価値があると思えば、モノには大きな価値がある。

その価値って、癒しだったり、やる気が出るとかだったり、達成感だったり、思い出だったり、人との絆だったり、人それぞれだと思うんですけど。

とりあえずそのモノを持つことで自分が幸せだなと思うなら、モノを持つことってやっぱり大きな意味があると思うんですね。

たとえば食器だったら100円ショップに行けば100円で買えるけど、あえて作家さんが作った素敵な1500円の食器を買って使いたいと、私は思います。

食器に1500円も払わずに100円で済ませたら、差分の1400円は他のことに使える。

でも1500円払っても買いたいと思うくらいそのモノがお気に入りなんだ!っていう気持ちとか、その食器を使いながら感じる幸せって、私の中ではお金で買えない価値なんです。

お気に入りのものを日常的に使うことで、丁寧に生活できているような気持ちになったり、自分を大切にできている気分になったりする。

そういう気持ちを大事にしないで家計を切り詰めて貯金が増えたとしても、果たしてそれは幸せと言えるのか?と思ったりもする。

洋服だってユニクロで1990円で売られているかもしれないけど、あえて5000円出しても細かいところにこだわりがあるセレクトショップの服を買いたいと思う人がいる。
(私は洋服はユニクロ良いじゃん派ですが、こういう↑考えの友人がいます)

モノ選びにはその人の価値観がすごくよく表れると思う。

将来は不安だけど、あと何年生きるかもわからないのに、我慢ばかりして今を楽しめないのも嫌だ。

自分がモノを欲しいと思う気持ちも大切にしたいし、本当に欲しいモノは買いたいし、大切に使いたい。

お金のことは不安だけど、必要になったときに稼げるように、自分を高めていけるよう努力しよう。

ここ最近、改めてそんな風に思うようになってきました。

それで、ここからようやくタイトルの話に戻ります。

ジュエリーって、あってもなくても生活できるものの筆頭です。

からこそ人の価値観がもろに出てくるんじゃないかなと思うんですね。

あってもなくてもいいからこそ、自分が何を大切にしているかがよく表れるというか。

ジュエリーなんて要らないよと思う人もいれば、300円でいいやという人もいて、2000円くらいはかけようかなって人がいて、いや3万はかけるでしょって人もいて、30万でも安いわって人もいたり。

着飾ることに意味はないと思う人もいれば、着飾ることでテンションがあがるという人もいて。

誰もが知っているブランドもののジュエリーを身に付けたいと思う人もいるし、誰にもわかってもらえなくてもいいから自分が気に入ったジュエリーを身に付けたいっていう人もいると思います。

ジュエリーは人からプレゼントしてほしいという人もいれば、自分で買いたい人もいる。

私個人としては、

ノーブランドでいいから品質の高いものを身に付けたい。

人とはかぶらない方が良い。

手作りとか、世界にひとつしかないものっていいなと思う。

人からプレゼントされるジュエリーは素敵だけど、誰かに買ってもらいたいのは結婚するまで。

ここから先の人生では、ジュエリーは自分で買いたい。

とりあえず1年以上、さんざん考えて、出した結論です。

ジュエリーってある意味で贅沢の象徴みたいにも思えるし、そんなモノにお金を出すのってマジで意味不明だと、過去の私は思ってました。

でも実際に興味を持って集め始めてみると、毎日のコーディネートを考えるのがだんだんと楽しくなってきて。

身に着けているジュエリーを「可愛いね」とかって褒めてもらえたりすると、なんだか嬉しくて。

前よりも少しだけ、自分に自信が持てて、自分のことが好きになれたような気がする。

でも何より大事なのって、見た目の変化じゃなくて。

自分がより輝いて見えるものを身に付けるのって、自分を大切にすることにつながるんじゃないかと思い始めたんです。

そんなの本当に気分だけの問題なんだけど、むしろ気分だけの問題でいいじゃん、と思う。

通勤電車で毎日たくさんの大人の女性を見るけど、いくつになっても綺麗な身なりをしていて品がある人って、持ち物にもこだわっているし、ジュエリーの使い方も素敵です。

そんな素敵な大人の女性を見ながら、自分がアラフォーになることを視野に入れたとき、これから先は少し背伸びをしたジュエリーも買っていきたいなと思うようになりました。

がんばって稼いで、自分にとっては背伸びしたジュエリーを買う。

それを身に付けるのにふさわしい自分になりたいと思って、さらに努力する。

そのジュエリーにふさわしい自分になれてきたなと思ったら、次の目標を作って、また頑張る。

そんなサイクルができたらいいなと思っています。

尊敬するスタイリストの大草直子さんのスタイリングブックに書かれていて、影響を受けた言葉がこちら。

持つべきは、「前を行く」ディレクションアイテム

優しく寄り添ってくれる、親友のようなアイテムは安心できるけれど、私の少し前を行く「灯台」のような何かも必要。今が一番似合っているわけではないかもしれない。だからこそ、これが最高に格好良く見えるようなおしゃれをしよう、自分になっていようー

大草直子さん著    『大草直子のSTYLING&IDEA 10年後も使える「おしゃれの結論」』   より

なるほどなと。

「いいね」を1000回くらい押したい気持ちになりました。

最近はこんな感じのライフスタイルブックも読みつつ、最近は10〜20年後に身に付けたい一生もののジュエリーが欲しいなとしみじみ思うようになり、探し始めたという次第です。

今いいなと気になっているのが、スバリ、天然石です。

ダイヤモンドやパールのようにランク分けするための明確なグレードがあるものよりも、世界にひとつしかなくてグレード付けするのも難しいようなモノに惹かれます。

誰かに決められたルールの中で非の打ちどころのない綺麗なものを求める時代ってもう終わったのかなと思います。最近、いびつなパールに惹かれる人が増えているのも、個性を大切にするとか、そのときの出会いを大切にするとか、そういうことなんじゃないかなと思うんです。

まずは石について勉強しようと、この本を買いました。『石の辞典』。

手書きのイラストが優しくて綺麗で、ひとつひとつの鉱物の説明が面白くて、何気ないときにパラパラと読みたくなる本です。

早く素敵なものを見つけて手に入れたいなと思う気持ちもありつつ(その前にまずは稼がなきゃなんですが)、どれにしようかなと探しているのがとても楽しい。

なんなら探している過程が一番楽しかったりするのかなとも思ったりします。

これって、去年読んで、バイブルのように見返している本にも買いてあった言葉の通りです。

欲しいものがあってもすぐには買わない。

欲しいと思っている期間が長ければ長いほど、情報が集まり、楽しめるからである。

欲しいものを探し求めることで、新たな知見が得られた李、思わぬアイデアにつながったりする。

出井伸之さん著 『変わり続ける 人生のリポジショニング戦略』より

しばらくは一生ものジュエリー探しを楽しみたいと思います。

「これ欲しい!」の目標が決まったらまた書きます。

おすすめのピアスについてまとめた記事はこちらから↓

【35歳の女性におすすめ】日常使いしたい“本物”ピアス3種まとめ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました