ワンオペ休日をストレスなく過ごすための3つのポイント

ワンオペ

はあ・・・

今週末も、土日両方ともワンオペで過ごす休日か・・・

しんどい・・・疲れた・・・

と、ため息をついているワンオペママさんへ。

家事に仕事に平日がっつり働いて、正直へとへとなのではないでしょうか。

週末に夫が普通にいてくれる家庭だったら「待ちに待った週末」になるはずが、ワンオペだと「休めない、しんどい週末」になってしまいますよね。

ワンオペワーママ歴5年の私が、2年以上の試行錯誤を経て行き着いた「母子休日をストレスなく過ごすためのポイント」をお伝えします。

さっそく書いていきます。

スポンサーリンク

そもそも、ワンオペの休日が疲れるのはなぜ?

ワンオペの休日が疲れる理由は、大きく分けて2つあります。

理由その1 予定が思い通りにいかない。

まずはこれですね。

子どもと過ごす時間は、思い通りにいかないことばかりです。

もちろん楽しいこともたくさんありますが、ワンオペだとしんどく感じることもたくさんあると思います。

なので今回はできるだけ予定がスムーズにいく方法を説明します。

理由その2 体力が削られる

2番目の理由はこれです。

単純に、ワンオペだと全てを自分ひとりでやらないといけないので疲れる。HPが減りやすいということです。

今回はHPをできるだけ消耗しない休日の過ごし方を説明します。

スポンサーリンク

【ポイント1】子どもと話し合って予定を立てる

これはワンオペ休日が疲れる理由その1、思い通りにいかないことへの対処方法です。

まずはじめに、

休日の過ごし方の予定って、どんなふうに決めていますか?

一日の予定を、事前に子どもさんとシェアしていますか?

もし親だけで休日の過ごし方を決めて、子どもには事前にその内容をシェアせずに、「その場その場で「次はこれだよ」と子どもに伝えている場合。

そして子どもが「そんなの嫌だ」とぐずってしまってうまくいかないことが多い場合。

あらかじめ「一日の過ごし方」を伝えるだけで、休日の子どものグズリやストレスが劇的に改善する可能性があります。

さらにスムーズな一日にしたい場合は、

母子で「今日は何したい?」と話し合って、母子で話して決めるのがおすすめです。

親が一方的に予定を決めて伝える方式にしないことがポイントです。

私自身、子どもが外出先でごねたり、思うようにいかなくてすごく疲れたという失敗パターンを分析すると、「私がこう過ごしたい」という一日を子どもに押し付けている日が多いことに気づきました。

でもその逆に、子ども自身がその日の予定に納得していると、子どもは基本的にご機嫌で過ごすことが多く、イヤイヤすることがほとんどなかったのです。

このことに気がついてからは、時間はかかりますが、「お互いの希望を話し合って、すりあわせてから出かける」というスタイルをとっています。

これにより外出時のストレスがかなり軽減されました。

大人が複数いる場合は、一日中子どもの好きなようにさせることもできるかもしれません。

でも、ワンオペの場合はそうはいきません。

子どもの要求を満たしつつ、自分のやりたいこともやって、家事なども並行してやらないといけないのです。

そのためには子どもに事前に説明しておく必要があります。

どう説明するかというと、

・子どもにやりたいことがあるように、大人にもやりたいことがある

・子どものやりたいようにだけして一日を過ごすことはできない

・協力してお互いのやりたいことを両方できるように段取りを組むことが大切だ

ということです。

この大人にとっては当たり前すぎる事実だけど、子どもにとっては知ったこっちゃないことを伝えたうえで、一日のスケジュールを組みます。

すり合わせのしかた

1:まず子どもに「今日何したい?」と聞く

子どもに何したい?と聞くと、

「電車に乗りたい」

「公園に行きたい」

「本屋さんに行きたい」

などなど、色々子どもからの要望が出てくると思います。

それらを全部聞いてから、

とりあえず「(できるかどうかはおいておいて)気持ちはわかった」と伝えます。

ここでは、いったん受け止めるのがポイントです。

仮にイラっとしても「そんなにいっぱいできるわけないでしょ!」とか言わないほうがいいです。

とりあえず「気持ちはわかった」というだけで十分です。

2 : 自分(親)の希望を伝える

次に自分の気持ちを伝えます。

「次はお母さんのやりたいことを言うね。

お母さんは家の掃除をしたいのと、買い物をしたいからスーパーに行きたい」

という感じで伝えます。

このとき、多くても2個くらいまでにとどめた方が平和です。

基本的に多くは望まないほうが良いです。

自分のメンタルをイライラせずに保つためにです。

理想的なタイムスケジュール

子どもがまだ昼寝が必要なくらいの小さい年齢の場合。

理想パターンは「午前中に外出をして、13時までに帰宅してお昼寝」です。

できるだけそのタイムスケジュールにのった感じで予定を決めていきます。

眠くてグズる可能性をできるだけなくしたいからです。

基本的には、時間内に子どもの希望を全てかなえるのが難しいことのほうが多いと思うので、選択肢を出します。

このときはじめて子どもに、

・時間が足りないから、子どものやりたいことすべてはできないこと

・だから、どれかを選ばなければいけないこと

を伝えます。

「時間が足りないから、今日は電車に乗るか、公園か、どちらかしかいけないけど、どっちがいい?」などと聞いて、子どもに自分で決めてもらいます。

ここで大事なのは、子ども自身に決めさせることです。

子どもが自分で決めて、納得することが大事だからです。

子どもが迷っている場合は、それぞれの選択肢のメリットデメリットを伝えたりして助け舟を出すこともあります。

自分で決めさせることの何が良いかというと、後で「自分で決めたんだよね」と言えることです。

子どもがぐずったときに、「自分で決めたことなんだから守ろうね」と言いやすいのです。

親が勝手に決めたことと、子どもが自分で決めたことのどちらが納得感を持ちやすいか。

私は圧倒的に後者かなと思うので、時間がかかっても、どんなに小さなことでも、子どもに決めさせることを重視しています。

その日のスケジュールを子どもに話す

それぞれの希望を出し合い、すり合わせまで終わったら、子どもの予定と大人の予定を組み合わせて、一日のスケジュールを子どもに話します。

「では今日は、

まず家の掃除をしてからおでかけの準備をして、

そのあと電車に乗っておでかけして、

帰りにスーパーに寄って帰ってこよう。

お昼ご飯は家で作って食べよう。

お昼ご飯を食べ終わったらお昼寝しよう」

という感じで一日の流れをバーッと話していきます。

この一日の流れがあるだけで、子どもは気持ちの準備ができるようです。

「次は何だっけ」「お昼寝だね」という感じで一日がスムーズに流れていくようになりました。

「まだ眠くない、お昼寝したくない」とごねることも圧倒的に減りました。もちろん時々はありますが。

大人だって次の予定が見えない中ではなんとなく生活しにくいものだと思います。

目の前のことを目いっぱい楽しみたい子どもならなおさらだと思うのです。

そんなわけで、我が家はこの事前に一日の流れを「話し合って」決めるステップのおかげで、ワンオペ休日でもイライラが少なくできています。

もちろん子どもの性格や親自身の性格によって、このやり方が合う合わないはあると思います。

あくまで一例ですが、我が家の場合はこのやり方がベストでした。

ちなみに我が家では子どもが2歳になる前くらいから、5歳になる今までずっとこのやり方でやっています。

我が家は子どもがひとりなので、子どもが複数いる家庭はまた事情が違うかもしれません。

でも基本的に大切にするべきことは一緒なんじゃないかなと思っています。

スポンサーリンク

【ポイントその2】 万全の準備をして出かける

ここではワンオペ休日が疲れる理由その2、体力が削られる、への対処法を書いていきます。

ワンオペ休日でおでかけをする場合は、ありとあらゆる準備をバッチリしていくのをおすすめします。

便利な世の中なので、正直お金を払えばたいていのことはなんとかなります。

例えば、雨が降ったら傘を買えばいいし、水がなくなっても買えばいいし、お腹が空いたら食べ物を買えば良いです。

でも大人だけならなんでもない小さなことでも、子どもがいるといちいち手間取ります

「傘を買うためにコンビニを探す」

「水を買うために自販機を探す」

「パンを買うためにパン屋さんを探す」

など、そのひとつひとつをこなすために自分のエネルギーを大量に使ってしまい、疲れてしまい、結果イライラます。

疲れてしまうと子どもにキツく当たってしまったりする負のスパイラルが生まれます。

一度疲れてしまうとなかなか回復が難しいので、特に外出先では「◯◯しなきゃいけない」という状況になることを極力減らすほうがいいです。

小さいことでも、手間をなくしましょう。

自分のHPを温存しましょう。

そのために準備を徹底します。

私が外出時にカバンの中に入れているものは以下です。

近場のおでかけの場合

・お手拭き(ある程度の量)
・着替え一式

電車に乗るくらいのお出かけの場合

上記にプラスで、

・水筒(大人用、子ども用)
・子ども用の予備の水(未開封の小さめペットボトル)
・傘、カッパ
・お菓子やパン(小腹が空いたときにさっとあげられるもの)
・ミニ絵本やトミカなど小さなおもちゃ(何かに飽きたときに、さっと注意を引いて時間をかせげるもの)
・羽織もの(寒いときに羽織れるもの)
・フェイスタオル(何か濡れたり汚れたりしたとき用に)

一日レベルで出かける場合

上記にプラスして、

・シールセットなど30分くらい注意を引けるもの
・お気に入りのタオルや人形などの落ち着くもの

を持っていきます。

そんなわけで私は常に大荷物なのですが、おかげでイライラは少ないです。

母子の心の安定のために必要なものと割り切って、持ち歩いています。

スポンサーリンク

【ポイントその3】 子どもと一緒に、ガッツリ休む

ここでもワンオペ休日が疲れる理由その2、体力が削られることへの対処法を書いていきます。

基本的にワンオペ休日の場合は、子どもの昼寝に合わせて私もガッツリ寝ます。

昼寝はだいたい2時間くらいです。

昔は昼間寝すぎると夜が寝られないタイプだったのですが、今は昼寝しても夜は自然に寝れます。それくらい育児は疲れるものです。

前日もできるだけ夜ふかししないようにしています。

睡眠不足はイライラに直結するので、できるだけ睡眠を取るようにし、体調も常に万全でいられるように気を配っています。

基本がワンオペなので、もともと自分ひとりの時間が少ないうえに、昼寝まで子どもと一緒にしてしまったら完全に自分の時間がなくなってしまいます。

このへんの葛藤は何度もあり、色々試してみました。

自分の時間を確保するために夜更かししてみたり。

子どもが昼寝する時間に起きたり。

でも「自分の時間を持つために無理するよりは、自分の時間を諦めてしっかり休んだ方が良い」というのが、この5年に及ぶワンオペ生活で出した結論です。

その代わりに「子ども起きている時間にも自分のやりたいことをやる」ことでバランスを取ります。

「お母さんは今からこの雑誌を読みたいので、◯◯分まで各自自由時間です」という感じで、子どもが起きているときに自分のやりたいことをやります。

まあ、そう宣言しても子どもがイヤイヤモード、構ってモードになってしまうとそういうわけにもいかないのですが。。。

そうなったらもうワンオペの定めと諦めて、子どもの成長を待つのも手だと思います。

スポンサーリンク

余談

自分の時間がなさすぎて心身が疲れてしまったら、有休を取って帳尻を合わせるのも良い方法です。

本当は土日で休むのが本来あるべき姿なのでしょうが、ワンオペでは難しいので、意識的に有休を取っても良いと思います。効率的なリフレッシュになると思います。

そうはいっても仕事も休めないんだよ、という人は、ランチに美味しいお店でご飯を食べるとか、感動する本を読むとか、小さなことでストレスを解消していく方法を見つけていくのがよいかもしれません。

以上、我が家なりの母子休日を楽しむためのポイントでした。

これはひとつの例です。

正解というわけでももちろんないですが、ワンオペに悩む方の参考になれば嬉しいです。

ではでは。

.

.

.
ブログランキングに登録しています。ポチッと応援おねがいします^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました