「ワーママ 疲れた」で検索する心理について考えてみた。

life キャリア
記事の中にPRを含む場合がありますが、らっこが自分で買ったもの、良いと思ったものを紹介しています。

こんにちは。ワーママ5年生のらっこです。

みなさん、お気づきですか?

「ワーママ」でGoogle検索すると、

予測変換で

「ワーママ 疲れた」

と出てくるんですよ。

これ、すごくないですか?

「ワーママ」という単語を調べている人の多くはおそらくワーママで、

ワーママがワーママについて調べるときは、「自分がすごく疲れているとき」ってことなんですよ。たぶん。知らんけど。(おい)

疲れたら休めばいいということを、たいていの大人はわかっているはずだと思います。

なのに、なぜワーママは「ワーママ 疲れた」と検索するのか?

それは疲れていても休めないからなんです。

改めてこう書くと当たり前のことのように聞こえますが、疲れていても休めないっていうのはかなりの苦痛です。

できることならもうこんな生活抜け出したい、もうどこかに逃げてしまいたいと思っても、逃げられないのがワーママなんです。

逃げられない理由は、人それぞれ色々あると思います。

「共働きしなければそもそも生活が成り立たない」

「子どもがいるのに辞めたら再就職が難しい」

「せっかく保育園に入ったのに辞めたら保育園を出ていかなければいけなくなってしまう」

などなど。

個人差はあると思いますが、ワーママはきっと月に1回くらいは「あーもう辞めたい」と思っているんじゃないかと思うんですよ。

まあ私は週に1回、ひどいときは毎日思ってますけど。

でも自分の中で「辞めるのは得策じゃない」ってことも誰よりよくわかってるんです。だから今日も辞めずに踏ん張っているのです。

でも本音ではもう疲れたんです。辞めたいのです。この苦しい生活から逃げたいのです。

でも逃げられないから「ワーママ 疲れた」と検索して、

同じように頑張っている人のブログを見て元気出そうとしてみたり、何か自分の生活を楽にしてくれるようなヒントを探そうとしてみるんです。

しかし、たいていの場合ヒットするのは、

自分とはかけ離れたスキルや体力財力をもつスーパー超人ワーママのブログだったり、

ワーママを頑張りすぎて心か体のどちらかが病んでしまった人のブログだったりして、

どちらを読んでも、より一層凹んだりするんですけどね。。

ちなみに私は3ヶ月に一回くらいは「ワーママ 疲れた」で検索しています。

だいたい3ヶ月に一回くらい「もうダメだ、がんばれない」という波が来るからです。

ワーママになりたての頃は、そんな自分にムチを打ってみたり、過剰に甘やかしてみたり、色々試してみましたが、もっとも効果があったのは「ただただやり過ごすこと」です。

なので今は、負の波が来たら心を無にして、その気持ちの波をやり過ごすことに全力を注ぎます。

「まあそういうときもある。でも1週間くらいしたらまたなんとなくやっていけるくらいにはなるさ」くらいの感じでほどほどに日々を過ごしていくと、そのうち気持ちが上向いていきます。

よくまとめサイトとかに、「ワーママの悩みはこんなこと!こうやって解決しよう」みたいなのが書いてありますが、

個人的にはああいうのはあまり参考になりません

なぜなら「そんなことわかってるよ!」ってことしか書いていないからです。

正確に言うと「そんなことわかってるけど、それでも辛いから検索してるんだよ!」って感じです。

あえて言い切りますが、

ワーママの悩みは、自分自身か、ワーママ仲間にしか癒せません。

私の経験上は、置かれている環境が似ていて、かつメンタル状態が自分より良いワーママに励ましてもらうのが手っ取り早いです。

ありふれた言葉ですが、「辛いのは自分だけじゃない」と思えるだけで救われます。

間違っても自分より環境的に恵まれている人に話しかけてはいけません。

ワンオペワーママのメンタル状況が辛いときに、祖父母が近くにいるワーママとかに話を聞いたりなんかしたら精神的に死亡します。

くれぐれもお気をつけて。

メンタルが落ちたときは、仕事と有休残の状況が許すなら、有休を取って、子どもは保育園に預けて、丸一日自分ひとりの時間を満喫するのを全力でおすすめします。

外に出かけるもよし、家でダラダラするもよし。

私はメンタルが疲れているだけなら外に出かけ、心身ともに疲れている場合は家でダラダラします。

ちなみに家でダラダラする場合は、ぜひ優雅に宅配ピザを取りましょう。

テンションが上がり、翌日からがんばれそうな気がしてくることうけあいです。

状況が許さない場合は、保育園ですれ違う顔見知りのママさんとかに、「おつかれ、つかれたね〜あと3日だね〜」とすれ違いざまに話をするのだけでもだいぶ救われると思います。

今が辛いワーママさんに「皆それぞれ辛いから、一緒にがんばりましょう」とは言えません。

ただ言えるのは「いつもおつかれさまです」ということのみです。

とりあえず今日も一日乗り切れた。それだけで良い気がします。

今日も一日おつかれさまでした。

ではでは。

キャリア系記事はこちらから

疲れたワーママさん向け記事
ワンオペワーママの体調管理【倒れないで働きつづけるには?】メンタル編&仕事編
【恥を忍んで公開シリーズ】ワーママのリアルな金曜日ご飯。
人生の底を脱して、ようやく自分の望む生き方が見えてきた話①

らっこって誰?って方はこちら↓

Twitterはこちら↓

らっこ@フリーランス言語化する人

仕事のことや日々の気づき、読んでよかった本の感想など。わりとつぶやいてます。

noteはこちら↓

らっこのnote

フリーランスとして働く上での気づきやこれからの課題について書いてます。ほっこりエピソードもたまに書きます。

note編集部に選ばれた記事はこちら→ 【お弁当事件】息子から学ばせてもらったこと。

個人の力で生きていく方法を研究するコミュニティ的なものをはじめました。詳細はこちら↓から

ジュエリーの重ねづけを研究してるインスタはこちら↓

rakko_mom

買ってよかったジュエリーや、重ね付けの仕方など。ジュエリーに関してのあれこれ。不定期。

買ってよかった楽天の商品をまとめたROOMはこちら↓

らっこの楽天ROOM

楽天で買ってよかったものを載せてます。オリジナル写真を使うのが小さなこだわり。ジュエリー、食器、雑貨、子どものものなど。

最新記事の一覧はこちら↓

【知育】3歳のひらがな学習にカードを買った話。
2023年、夫へのクリスマスプレゼント【本革ノートカバー】
2023年のクリスマスにもらったプレゼント【日記と塗り絵】
2024年上半期の目標とSNSとの付き合い方。
【フリーランス】スケジュール管理とタスク管理のやり方まとめ。

人気記事の一覧はこちら↓

ロンシャンのバッグはなぜここまで人気なのか?【使ってみた感想&考察】
靴は高くて良いものを長く履くべきか、安いものを履き潰していくべきか問題。
イッタラのティーマ新色ハニーは、差し色に最適!【イエローとの違いは?】
ワンオペ休日をストレスなく過ごすための3つのポイント
一生ものジュエリー探しを始めて2年で買ったものと感想、これから欲しいもの。
タイトルとURLをコピーしました