最近セールサイトで宝探し的に買い物をするのが楽しい【GLADD】

ファッション

こんにちは。ワーママのらっこです。

今日も家事に育児に仕事にお疲れさまです。

これまでも何度か書いてきているのですが、私は自分の洋服にあまりお金をかけません

「洋服は消耗品だから」というのが大きな理由なのですが、もうひとつの理由はネット購入が多いからです。

子どもが小さいのでなかなか自分の洋服を買いに行く時間が作れません。なのでどうしてもネットに頼ってしまいます。

ネットで買う洋服は試着できないから失敗が怖いので、あまり高額な洋服は買わないようにしています。

ネットで買う洋服の金額は出しても3,900円まで。5,000円出すことはほぼないです。

とはいえ、とりあえずで買った安物はデザインもイマイチだったり、ダメになるのも早かったりして、

結果的に損することも多々あるので、できるだけサイズ感のわかっている同じお店で買います。

※靴について考察した記事はこちら⇒ 靴は高くて良いものを長く履くべきか、安いものを履き潰していくべきか問題。

品質的に安心できてサイズ感もわかっているユニクロや無印のオンラインストアで洋服を買うことが多いです。

でも正直、ユニクロや無印だけではつまらないんですよね。

ベーシックな洋服はユニクロや無印でもいいけれど、アクセントになる小物や目立つデザインのものは別のお店で買いたい、というのが正直な気持ちです。

先日も10年かけて育てたいベルトを買ってみたり、小物やアウターなどの長く使えるものはお金をかけてもいいかなと思います。そのかわり試着は必須で。

なので私の中で洋服は、ネットで買う消耗品と、店頭で買う長く使うもの、のふたつにパッキリと分かれています。

で、ですね。

まだ授乳中でなかなか外出できない私の最近の密かな楽しみがセールサイトです。

よく見ているサイトはGLADDです。

ご存知の方も多いでしょうか?

セールサイトというだけあって、MAX90%オフ、85%オフなどでブランドのお洋服を買うことができるのです~

GLADDは比較的手の届きやすい価格帯のブランドを扱うサイトです。

セールサイトってなんか怪しそう..って感じる方もいるかもですが、基本的には各メーカー(ブランド)の在庫消化の場です。

春に冬物を売っていたり、秋に夏物を売っていたりと、季節外れの商品だから割安になっているんですよね。

特にウィメンズは取扱いブランド数も多いし、毎日たくさんの新しい商品が追加されていくので、宝探し気分でサイトをのぞくのがめちゃめちゃ楽しいです。

先日生まれた下の子は女の子なのもあって、キッズ商品もついつい見てしまいます。

キッズはウィメンズに比べると取扱いが少ないのですが、洋服だけでなくおもちゃや靴もあります。

洋服ではBONTONやプチバトーなど好きなブランドも取り扱いがあるので、セール開始されると即チェックしています。

先日初めてGLADDで購入したアイテムがこちらのBONTONのワンピース。

10,450円だったものが3,200円に値下げしていました。

BONTONはフランスの子ども服ブランドですが、通常は百貨店に入っていて手が出せるお値段ではないのです~

セールでお安くなっていたのでラッキーでした。

娘はまだ0歳ですが、18m(1歳半向け)のものを購入。長く着られるといいなあ。

つい先週購入したのはプチバトーのウィンドブレーカーです。こちらもフランスのブランド。

絶妙なマリンテイストのデザインが可愛いのです。

店頭でちらっと見て気になっていたものがまさかのセールサイト出品だったのでラッキー!でした。

8,800円のものが3,900円でした(送料無料ラインにならない場合は送料500円がかかります)

こちらも少し大きめなものを購入しました。袖を折って長く着させたいと思っています。

あのですね、子どもの洋服選びについて、少し前にちょっと考えさせられることがありまして。

私はJUJUさんと鈴木亮平さんがMCを務める『世界は欲しいモノにあふれてる』というTV番組が好きだったのですが(放送終了してしまって悲しい…)

数か月前のイタリアの子ども服を取り上げていた回で「幼少期から良いモノを与えること」について触れていて、私、う~んと唸ってしまったんです。

デザイナーや職人のこだわりが詰まった良いモノに幼少期から触れていた経験がその子の素養になっていく、という内容の発言を聞いたときに、

どうせすぐサイズアウトするし汚れるんだからとりあえずプチプラで」って済ませていた過去の自分を反省しました。

特に1人目のお洋服って「いかに楽に買うか」ばかり考えていました。(ワンオペで余裕がなかった)

季節の変わり目にユニクロやベルメゾンのサイトでババッと購入するのみだったんです。

もちろん保育園着などできるだけ安く大量に買いたいものはそういう買い方でもいいと思うけど、

週末のお出かけ着などは少し値が張っても良いものを着させてあげたほうがよかったかなあ、なんて今さら思ったりして。

けどね。良いものを子どもに与えることの素晴らしさはイメージできるけど、

セレブでもないごく一般的な家庭である我が家的には

ワンシーズンとか半年とかしか着られないような子どもグッズにそんなにお金かけられなくない?

っていう葛藤もありまして。

どうしたもんかなあと考えていたんです。

そんななかで、セールサイトはその葛藤をちょうどよく解決してくれるワンダーランド的な存在だわ!と気づいたのです。

定価で買うのはちょっと難しいお値段のものでも、セールサイトなら手が届く。

自分が気に入るものがお手頃な値段で出ていれば、職人やデザイナーさんのこだわりの詰まった洋服を子どもにも着せられる。

これはウィンウィンではないか!というね。

もちろんセールサイトのデメリットもあります。

商品の着用画像が少ないのでイメージが付きにくいことです。

基本的に着用画像はなくて、商品画像が数枚あるのみです。

こんな感じの、いち商品あたり画像3枚くらいが通常。

大き目を買ってもOKな子どもはそれでもよいけど、ウィメンズは悩ましいところです。

私は骨格がっちり体系なもあり「買ったけど着られなかった!」のが怖いです。

その失敗を防ぐために、ぴったり目の洋服は避けて、基本的にはフリーサイズのものにしています。ワンピースとか。

サイズのある洋服については、サイト内に自分の体重や各パーツの大きさを入力してその洋服がフィットするかどうかをチェックする機能もついているので活用しています。

「小さめです」って結構シビアに出るので傷つくときもあるけど笑、買い物で失敗するよりはよいかな。

お金をかけて買うお洋服をお店で定価で買う楽しさもあるけど、夜な夜なネットを見ながら「なにか掘り出しものないかな~?」ってセールサイトを探す楽しさはまた格別です。

もしまだGLADDをご存じない方がいたら、登録だけはしておいて損はないです!会員登録しないと見られないブランドもあるので。

公式サイト ⇒ GLADD | MAX90%OFF

ちなみに、私がいま気になっているのはこちらのリネンワンピース。

長く愛用できるリネンワンピを増やしていきたいな~と思っているところなので惹かれております。

私は「いいな~」と思ったら、とりあえずお気に入りに入れて数日寝かせます。

「ええ~い!買ってしまえ~!」となりやすい夜には買わないのが自分なりの衝動防止策です。笑

(それはそれで楽しいのでたまにやるけどね)

以上、最近の楽しみ、セールサイトでの買い物についての記事でした。

この楽しさを共有できたら嬉しいです。ハマるのにはくれぐれもご注意を!笑

ここまでお読みくださりありがとうございます。

今日も一日お疲れさまでした!

★ほかの買い物関係の記事↓

ママのミニショルダーバッグはエルベシャプリエ。【軽くてシンプル&品がある!】

10年使える上品な本革バッグ。トフ&ロードストーンのミニヨンリザードを買った。

右手につけたいシンプルで個性的なリング【ジュエリー工房オレフィーチェ】

★らっこって誰?って方はこちら↓

ブログについて【ワーママらっこは何者か?】

★Twitterやっています → らっこ@零細時短ワーママ
日々の気づき、読んでよかった本の感想などをつぶやいてます。わりと頻度高くつぶやいています。よかったらフォローお願いします。
 
★アメブロも書いてます →かなぴろのワーママ日記
つらつらと育児日記を書いています。ブログには基本的に考えた結果、行動した結果を書いていますが、アメブロには渦中のことや悩んでいる最中のことも書いています。よかったらフォローお願いします。
 
★noteも書いてます → らっこママのnote
ブログではノウハウ、おすすめモノとか本について書いてますが、noteでは「そのとき感じたこと」を書いています。よかったらフォローお願いします。
 

最新記事一覧はこちら↓

努力する意味を見失いそうな人に読んでほしい『読書する人だけがたどり着ける場所』
最近セールサイトで宝探し的に買い物をするのが楽しい【GLADD】
冷凍庫にあると安心する野菜そぼろ【作り置きレシピ】
薄給の時短ワーママがどうやってジュエリーを買っているのか【自分への前借りとコツコツ節約】
10年かけて育てたい本革ベルトを買ったよ【コントワー・デ・コトニエ】

人気記事一覧はこちら↓

イッタラのティーマ新色ハニーは、差し色に最適!【イエローとの違いは?】
靴は高くて良いものを長く履くべきか、安いものを履き潰していくべきか問題。
ロンシャンのバッグはなぜここまで人気なのか?【使ってみた感想&考察】
ワンオペ休日をストレスなく過ごすための3つのポイント
週末作り置きの進め方【料理嫌いのワンオペワーママ】
この記事を書いた人
rakkomom

35歳、零細企業の時短ワーママらっこです。
6歳の息子と0歳の娘、長時間労働夫の4人家族。
おすすめモノ、読書記録、キャパ狭のワーママが倒れずに生きていくための工夫を書いています。

rakkomomをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました