夫への効果的な「直して欲しいところ」の伝え方。

夫は睡眠不足が続いたり仕事でのプレッシャーが大きいと、ものの言い方がキツくなったり、些細なことでキレやすくなります。

私だけでなく子どもにも言い方がキツくなるときが多々あり、聞いていて我慢ならないときはたまらず「そういう言い方はやめて」と言うのですが、私も結構言い方がキツくなってしまって、もれなく険悪な雰囲気になります。

険悪になることにメリットはないってわかっているけど、夫の気分をよくするような可愛い言い方なんてできないし、そもそもなんでこちらが言い方を気をつけなきゃいけないんだよというモヤモヤもある。そんな日々をかれこれ5年以上送るなかで最近気づいたのが、自分の伝えたいことを伝えるときには、記事のリンクを送る方法が効果絶大だということ。

以下の子育ての記事リンクを無言で夫にシェアしたところ、しばらくして「ほんまそうやな」と返事がきたのです。

しかもただ同意しただけでなく、実際に夫の態度も変わりました。

ちなみにその時引用した記事はこちら。
『デキる親はユーモアがあるという絶対的真実』

デキる親は「ユーモアがある」という絶対的真実 | 子どもを本当に幸せにする「親の力」
以前、ある会社の会議室で仕事の打ち合わせをしたときのことです。初対面の人が多く、私も含めてみんな緊張していました。すると、そこにその会社の営業部長が入ってきて、次のような話を始めました。「今朝起きて…
※ちなみにこの記事を読んだ感想はこの日記で書いてます。

これ、私が同じことを言っても間違いなくイラッとされて終わっただけでした。
「何様やねん」と逆ギレされた可能性すらある。

でも他の人(しかも教育に長く携わってきた人)の言葉を使うことで、険悪にならずスムーズに言いたいことを伝えられて、さらに速攻で変わってもらうことができました。

もっと早く気付けばよかった!!

これからは何が伝えたいことがあるときは、他の人の言葉を引用しまくることにします。

旦那さまに直して欲しいことがありながらも可愛らしい伝え方ができなくて困っている方々、ぜひお試しくださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました