ゴールデンパールの一粒ピアスを買った話。

ジュエリー

こんにちは。ジュエリー好きワーママのらっこです。

アラフォーに向けて、「一生ものジュエリーを見つけたい」プロジェクト活動中です。

誰もが知るようなブランドものではなく、無名ブランドや工房のジュエリーで、センスがよくコスパ高いジュエリーを探すのにハマっています。

先日、東京ビックサイトで行われていた国際宝飾展で手に入れたものがこちら。

南洋ゴールデンパールのピアスです。

(箱は私物です)

選んだサイズは11~12mmです。存在感のある大きさです。

きつすぎないゴールドの色にほんのり歪んだ形が印象的で、一目惚れしました。

前から見るとまん丸なんですが、横から見ると少し潰れているんです。

ジュエリー業界では正円でないパールは「劣等生」のような扱いになるのかもしれませんが、私はこの歪んでいるところこそが可愛いなと思いました。

定価が税込12万弱でしたが、9割引になっていたので11,000円ほどで買えました。

お店の方によれば、「完全に原価割れ」とのこと。

pearl-earrings

展示会にはバロックパールのルースを買いに行くことは決めていたけれど、これは予想外の出会い。

でも運命を感じたゴールデンパール、、次またこの展示会に来れるのはいつになるかわからないし、、

30分ほど悩んで悩んで、何度もお店の前を行ったり来たりして、最終的には「これも出会いだ!」ということで勢いで購入しました。

家に帰って着けてみたらイメージ通りの可愛さでした。やはり直感は当たるなとしみじみ。

ジュエリー探しにおいてインスピレーションはめちゃ大事です。そして一期一会。

特に天然石やパールのような同じものが世界にひとつとしてないジャンルのジュエリーは、出会ったときがすべて。

なので「もう一生、手にできなくても後悔はないか?」という基準で選んでいます。

今回のパールは予定外の出会いだったし、予算オーバーだったけれど、買ってよかったです。

ゴールデンパールはブラックやネイビー系の服のときには差し色として使えるし、白シャツに着けても映えます。

ベージュ、カーキ、キャメルとの相性もよいです。

ホワイトベースのパールのピアスは使い勝手がすごく良いけど、定番だからこそ皆ひとつは持っているからどうしても無難な印象になりがち。

ピアスで少し個性を出したいときには、ゴールデンパールの大粒ピアスがほどよく華やかでほどよく存在感があってよいかなと思っています。

パールのジュエリーを買うなら、真珠専門のお店が安心です。

正直、卸売などの専門業者さんで取り扱っているジュエリーは、どうしてもデザイン性は期待できないです(本当に失礼で申し訳ないんですけど、やはりデザイナーがいるかどうかはデザインの洗練具合においてすごく大きな差として出てくるので)

その反面、一粒パールピアスのようなデザイン性が関係ないジャンルのジュエリーなら、業者さんで買うのが一番コスパよいです。

私がアコヤパールのファーストピアスを購入した楽天のお店でも売ってます。

白蝶ゴールデンパール イヤリング/ピアス 9mmup ゴールデン系 [送料無料][保証書付]【楽ギフ_包装】

以上、運命の出会いを果たしたゴールデンパールのピアスについての記事でした。

すこしでも魅力が伝わっていたら嬉しいです。

★ちなみに同じ展示会でバロックパールのピアス用のルースを買った記事↓

ずっと欲しかったバロックパールのピアス、買うんじゃなくて作りました。

★ジュエリー系の記事はこちら↓

スイートテンに選んだのは、シンプルで上質な一粒ダイヤの覆輪ピアス。

一生もののジュエリー探し、はじめます。

右手につけたいシンプルで個性的なリング【ジュエリー工房オレフィーチェ】

薄給の時短ワーママがどうやってジュエリーを買っているのか【自分への前借りとコツコツ節約】

★らっこって誰?って方はこちら↓

ブログについて【ワーママらっこは何者か?】

★Twitterやっています → らっこ@学び好きワーママ
日々の気づき、読んでよかった本の感想などをつぶやいてます。わりと頻度高くつぶやいています。よかったらフォローお願いします。
★アメブロも書いてます →かなぴろのワーママ日記
つらつらと育児日記を書いています。ブログには基本的に考えた結果、行動した結果を書いていますが、アメブロには渦中のことや悩んでいる最中のことも書いています。よかったらフォローお願いします。
★noteも書いてます → らっこママのnote
ブログではノウハウ、おすすめモノとか本について書いてますが、noteでは「そのとき感じたこと」を書いています。よかったらフォローお願いします。

最新記事一覧はこちら↓

努力する意味を見失いそうな人に読んでほしい『読書する人だけがたどり着ける場所』
最近セールサイトで宝探し的に買い物をするのが楽しい【GLADD】
冷凍庫にあると安心する野菜そぼろ【作り置きレシピ】
薄給の時短ワーママがどうやってジュエリーを買っているのか【自分への前借りとコツコツ節約】
10年かけて育てたい本革ベルトを買ったよ【コントワー・デ・コトニエ】

人気記事一覧はこちら↓

イッタラのティーマ新色ハニーは、差し色に最適!【イエローとの違いは?】
靴は高くて良いものを長く履くべきか、安いものを履き潰していくべきか問題。
ロンシャンのバッグはなぜここまで人気なのか?【使ってみた感想&考察】
ワンオペ休日をストレスなく過ごすための3つのポイント
週末作り置きの進め方【料理嫌いのワンオペワーママ】
この記事を書いた人
rakkomom

35歳、零細企業の時短ワーママらっこです。
6歳の息子と0歳の娘、長時間労働夫の4人家族。
おすすめモノ、読書記録、キャパ狭のワーママが倒れずに生きていくための工夫を書いています。

rakkomomをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました