ファッションバイヤーMBさんの『もっと幸せに働こう』を読んで思ったこと。

学び

こんにちは。読書好きワーママのらっこです。

みなさま今日もお疲れさまです!

最近の私、ファッションバイヤーのMBさんの『もっと幸せに働こう』っていう本を読んでいました。

で、「この本をいま読めてよかったな」と思ったので、ブログで紹介したいと思います。

本の内容の前にMBさんのことを簡単に紹介します。

MBさんはファッションバイヤー(アドバイザー)で、「世の中のファッションに興味がない男性をおしゃれに変えたい」と思って活動されている方です。

男性向けの着こなし提案などの本を20冊以上出版されていて、累計100万部を突破したとか。

着こなしを提案するメルマガの登録者数はなんと堀江貴文(ホリエモン)を抜いたそうです。

私が初めてMBさんを知ったのはYoutubeか何かの動画だったと思います。

そこで「ユニクロのパーカーにはどれだけのこだわりが詰まっているか」をめちゃめちゃ熱く語っておられました。

そのときは「この人ホントに洋服が好きなんだな」くらいしか思っていなかったのですが、今回タイトルに惹かれてこの本を読んで、MBさんの印象が変わりました。

もっと「強い側の人」かなと思っていたのが、「最初は何も持っていなかった人」だと知ったからです。

本を読み終わったあとの最初の感想は、

こんなに愛にあふれた自己啓発本は読んだことない。

でした。

本の最初のほうからMBさんが一貫して読者に寄り添っているのが印象的でした。

他の自己啓発本と大きく違うのは、MBさん自身に「なにもなかった」時代があったこと。

何もなかった自分でもここまで人生を変えられたんだから、君にもできるよ。

そんな感じで語りかけてくれている本です。

そんな「何者でもない時代があったこと」を本の中で何度も強調されているから親近感が湧いてくるし、「何もない自分も変われるかもしれない」と勇気が湧いてくるのです。

MBさんは新潟の大学を出てショップ店員となり、初任給は17万円程度(ボーナスなし)だったそう。

そこから、今や年商億超えの会社を経営するようになります。

あのままショップスタッフを続けていても年収300万円が関の山だったところから考えると、ものすごい変化。文字通り人生を激変させることに成功しています。

この本にはノウハウと考え方の両方が書いてあるのですが、私は特に「考え方」の方に学びが多いなと思いました。

MBさんの人生は「大好きな服の仕事で年収1,000万稼ぐためにはどうしたらいいか?」と徹底的に考えるところから変わりました。

そして「お金を得るということは、人の役に立つこと」だと考え、「じゃあどうすればファッションで人の役に立てるか?」を考え抜きました。

その結論として勝負をかけたのが「おしゃれじゃない男性向けのファッションアドバイス」の分野を攻めること。

ファッションは通常おしゃれな人向けに作られているけど、世の中にはおしゃれじゃない人の方が多い。その層を変えるのは市場規模的に大きいはずだと考え、実際にその通りになります。

自分よりもオシャレでセンスのいい人はいるけど、自分ほどおしゃれじゃない人のことを考えている人はいない。そこに絶対の自信がある、と言い切る姿は素直にカッコイイなと思いました。

世界の誰にも負けないと言い切れるほどの自信、どれだけの人が持てるかな。

本の中で印象的だったのは、上司からの命令で在庫消化しないといけなかったダウンジャケットを大学生に売ったときの話。

その大学生は喜んで買っていったのに、MBさんは命令で売りたくもないものを売ったことに心を痛めて泣いてしまうというエピソードがありました。

どんなに合理的でも、どんなに正当性があっても、自分の心が受け入れられないことはある。

自分の心に嘘はつけない。

だからこそ「自分が本当に好きなことをやろう」という主張には深く頷いてしまいました。

ただ「好きなことを仕事にするためには耐えないといけない時期もある」とも本には書かれています。

実際にMBさんもショップ店員として努力して成果を出した結果を活かして今の仕事をしているわけです。

永遠に耐え続けることは難しいけど、頑張る期間が有限なら人は頑張ることができる」という言葉に勇気をもらいました。

私は正直言って、今の会社の仕事がそこまで好きではないです。

成長できると思ったので今の会社に転職しました。

実際に成長はできていると思うし、今やっている仕事は将来やりたいことにつながっています。

でも自分のポリシーに反する仕事をすることも多くて、苦しいと思うことも多いです。

ずっとこの会社にいることは自分に嘘をつくことになるな、と心が感じています。MBさんが上司命令でダウンジャケットを売ったときに心を痛めたように。

人は自分のポリシーに反することをずっとし続けて生きてはいけないんだと思います。この本を読んでしみじみ思いました。

でも子どもも小さい今、転職するのは不利なのもよくわかっています。だから、しばらくはここで踏ん張るしかない。

でもせっかく一日の中のけっこうな時間を仕事に費やすのに、そんな後ろ向きな気持ちじゃいけないな、と思う自分もいて。

そんなときにこの本を読んで、気持ちを前向きに変えることができました。

今は耐えて力をつける時期だ。今の会社で学べることは学びきって、次のフィールドは自分が本当にやりたいこと、心から誇れる仕事をしよう」と思えました。

ずっとこの会社に居続けることを考えても苦しいし、また転職活動をすることを考えるのも苦しいです。

でも先のことを考えすぎず、まず期間を区切って頑張ることなら、すぐにもできそうです。

いま決めているのは、まずは1年、目の前の仕事を頑張ること。ここで成果を出して、将来の自分のやりたいことにつなげること。

そんなふうに前向きな気持ちにさせてもらえた本でした。

私はまだ何者でもないけど、今は耐える時期だと思って頑張ろう。「あのとき耐えたから今があるんだ」って未来の私が言えるように。

皆さんは今の仕事は好きですか?

好きを仕事にする生き方や、幸せな働き方に興味がある方はぜひ読んでみてください。

もっと幸せに働こう 持たざる者に贈る新しい仕事術 (集英社ノンフィクション)

★らっこって誰?って方はこちら↓

ブログについて【ワーママらっこは何者か?】

★Twitterやっています → らっこ@零細時短ワーママ
日々の気づき、読んでよかった本の感想などをつぶやいてます。わりと頻度高くつぶやいています。よかったらフォローお願いします。
★アメブロも書いてます →かなぴろのワーママ日記
つらつらと育児日記を書いています。ブログには基本的に考えた結果、行動した結果を書いていますが、アメブロには渦中のことや悩んでいる最中のことも書いています。よかったらフォローお願いします。
★noteも書いてます → らっこママのnote
ブログではノウハウ、おすすめモノとか本について書いてますが、noteでは「そのとき感じたこと」を書いています。よかったらフォローお願いします。

最新記事一覧はこちら↓

努力する意味を見失いそうな人に読んでほしい『読書する人だけがたどり着ける場所』
最近セールサイトで宝探し的に買い物をするのが楽しい【GLADD】
冷凍庫にあると安心する野菜そぼろ【作り置きレシピ】
薄給の時短ワーママがどうやってジュエリーを買っているのか【自分への前借りとコツコツ節約】
10年かけて育てたい本革ベルトを買ったよ【コントワー・デ・コトニエ】

人気記事一覧はこちら↓

イッタラのティーマ新色ハニーは、差し色に最適!【イエローとの違いは?】
靴は高くて良いものを長く履くべきか、安いものを履き潰していくべきか問題。
ロンシャンのバッグはなぜここまで人気なのか?【使ってみた感想&考察】
ワンオペ休日をストレスなく過ごすための3つのポイント
週末作り置きの進め方【料理嫌いのワンオペワーママ】
この記事を書いた人
rakkomom

35歳、零細企業の時短ワーママらっこです。
6歳の息子と0歳の娘、長時間労働夫の4人家族。
おすすめモノ、読書記録、キャパ狭のワーママが倒れずに生きていくための工夫を書いています。

rakkomomをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました