【食育】3年目。ミニトマトとオクラとアサガオを植えてみた。

ゆるく食育
こんにちは。時短ワーママのらっこです。 毎日お疲れさまです! 今日は我が家がゆるく取り入れている食育について書きます。 数年前からやり始めたのが家庭菜園。 ずっとやりたいなと思っていたんですが、育休から復帰してすぐはワンオペを乗り越えるのに精いっぱいでなかなか余裕がなく、子どもが3歳になる頃にようやくトライできました。 我が家はマンションなので、家庭菜園といってもプランターで育てるくらいのお手軽なもの。 これまで2回ほど、春から夏まで、ミニトマトを育ててきました。 家庭菜園についてはド素人なので、都度調べてオロオロしながら「こんな感じかな?」とやっている感じですが、ミニトマトならなんとか育てられています。 今年は育休中で少し余裕もあるし、家庭菜園3年目ということもあり、種類を増やしてみました。 今年はオクラにも挑戦してみることに! オクラもミニトマト同様に初心者向けで簡単と聞いたので植えてみました。収穫できるかな~ 5月中旬現在のベランダの様子はこんな感じです。 手前からオクラ(島の唄)、ミディトマト(アイコ)、ミニトマト(めちゃなり!トゥインクル)です。 ちなみに一番奥は野菜ではなくて、アサガオ。 まだ植えたばかりで、芽も出てきていない状態です。 小学校の先輩が去年育てたアサガオからとれた種をくれたので、家に鉢と土が余っているからせっかくなら植えようか!ということで。1週間ほど前に植えました。 最近は朝ご飯を食べ終わったら息子と一緒にベランダに出て、野菜たちにお水をあげるのが毎朝のルーティンになっています。 「大きくなーれ!」と言いながらお水をあげて、鉢の下から水が出てくるのを確認したら水やり終了。 今いちばん高くまで育っているミニトマトはパルシステムで頼んで4月上旬に植えたものです。 花がいくつも咲いていて、小さな実もでき始めました。 (なんか葉っぱがしおれてしまって元気がないので様子見中… 大丈夫かな…) 息子と毎朝ベランダに出て野菜たちの様子を見ては「大きくなってきてるね~」と言い合うのが幸せな時間です。 1ヶ月遅れでGWに植えたミディトマトとオクラもすくすく育っています。 ミディトマトも花が咲き始めているみたい。 オクラはまだまだかな。 今年オクラとアサガオを植えてみてよかったなと思っているのは、毎朝必ずベランダに出る習慣がついたこと。 トマトは水やりを頻繁にしなくてもいいから(あまり水をあげないほうがいいらしい)、部屋からベランダを見て「まだ乾いてないから今日は水やりいらないね」って感じでベランダの外に出ずに終わることが多かったのです。 でもオクラとアサガオは毎朝お水をあげないといけないから、必ずベランダに出るんですよね。 で、毎朝「大きくなーれ」のおまじないを唱えて、成長している様子を見て、喜ぶ。 そんな一連の流れが、まだ眠い朝のなかの幸せなひとときなのです。 外の空気を吸うって大事だなって毎朝思うし、たとえ雨の日でもすがすがしい気持ちになる。 家庭菜園には野菜を収穫する以上に大切なものをもらっているような気がします。 野菜たちの成長の様子、また綴っていきます。 よかったらまた見に来てください。 今日も一日お疲れさまでした。 ★過去の家庭菜園の様子はこちら↓ 【食育】 今年もミニトマトを植えてみて、しみじみ感じたこと。 【食育】2年目のミニトマト栽培の様子。 ★らっこって誰?って方はこちら↓ ブログについて【ワーママらっこは何者か?】
★Twitterやっています → らっこ@零細時短ワーママ
日々の気づき、読んでよかった本の感想などをつぶやいてます。わりと頻度高くつぶやいています。よかったらフォローお願いします。
★アメブロも書いてます →かなぴろのワーママ日記
つらつらと育児日記を書いています。ブログには基本的に考えた結果、行動した結果を書いていますが、アメブロには渦中のことや悩んでいる最中のことも書いています。よかったらフォローお願いします。
★noteも書いてます → らっこママのnote
ブログではノウハウ、おすすめモノとか本について書いてますが、noteでは「そのとき感じたこと」を書いています。よかったらフォローお願いします。
最新記事一覧はこちら↓
【35歳ママが4ヶ月で8キロ痩せた】ダイエット方法まとめ。
『LIFE SHIFT』を読んで、人生を変えるために動き出したよ。
人生の底シリーズのエピローグ【もがいている最中にいただいた言葉たち】
ミネラルザワールドに行ってきた!【ジュエリー初心者の戦利品レポ】
【2人目妊娠】切迫妊婦のコロナ禍でのNIPT体験談
人気記事一覧はこちら↓
ロンシャンのバッグはなぜここまで人気なのか?【使ってみた感想&考察】
イッタラのティーマ新色ハニーは、差し色に最適!【イエローとの違いは?】
靴は高くて良いものを長く履くべきか、安いものを履き潰していくべきか問題。
ワンオペ休日をストレスなく過ごすための3つのポイント
週末作り置きの進め方【料理嫌いのワンオペワーママ】
この記事を書いた人
rakkomom

35歳、零細企業で働く時短ワーママらっこです。
7歳の息子と0歳の娘、長時間労働夫の4人家族。
読書記録、キャパ狭のワーママが倒れずに生きていくための工夫を書いています。

rakkomomをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました