息子と簡単ことば遊び。

「好き」を伸ばす子育て
昨夜息子と遊んでいるときにふと思いついたのが、ことばの組み合わせゲーム。
ことばの組み合わせの問題って、こどもちゃれんじや、この間資料請求をしたまなびwithのワークブックの中に出てくるんですよね。
例えば問題が「ふくを」だったとしたら、その下に「きる」と「はく」の2つ選択肢があって、どちらが正しいでしょうか?みたいなやつ。
ワークブックの中だと見開きのカラーページの中に3、4問くらいしかしかないけれど、自分で作れば何問でも作れるじゃん!ということで、ふと思い立って作ってみたのです。
そのへんのメモ帳の裏に書いて切ったもの。
簡単かなあと思ったら意外と悩んでいて、なかなかほどよい難易度だった様子。
息子は「はな」という単語については「花」も「鼻」も両方知っているけど、このクイズの中で「はなを」という単語を見たら「花」に違いないと思ったみたいで、頭の中から「鼻」という選択肢が消えてしまったようで、ずっと悩んでいたんですね。
大人からしたらどこでつまずいているのかわからないような簡単に思えることも、こうして目の前で息子が悩んでいるのを見ると、なるほどなーと、息子の思考回路が垣間見えたような気もして。色々な知識が、つながっているようでまだつながっていないんだね。
息子の反応が面白かったのでまたやってみたいと思います(^^)
ちなみに息子は楽しそうにこのゲームをやった後に、その後「ぼくもクイズ作る!」と言って熱心に書き物をしていたのですが、結果出来上がったのがこちら。
まんま私のパクリじゃないかー!と思ったけれど、本人は真剣な様子で「やってみて!」とのこと。悩んだふりをしながらやらせてもらいました。
子どもとのことばの組み合わせゲーム、おすすめです(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました