【雨の日の母子家庭におすすめ】マステでウォールアート。

ワンオペ

10月の週末はずっと雨続き&母子家庭続きで本当にげんなりでした。

ある雨の週末にふと思い立って、息子とふたりでハロウィンのウォールアートをしてみたら、とても楽しくて大ヒットだったので記録してみます。

こんな感じに仕上がりました。
E4887CBC-3942-468F-9AF7-5861B29FB246.jpeg

最初はカボチャやオバケを貼ってハロウィンモードだったのですが、だんだん「クジラとイルカ作って!」と本題から外れてきてしまいました。。四角いのは「クジラさんのエサ」とのこと

目的はウォールアートの完成度よりも母子家庭を楽しく過ごすことなので、まあよしということで息子の希望に全面的に応えつつ遊びました。

用意するものは、

・マスキングテープ(以下マステ)
・折り紙
・クレヨン

くらい。

流れは簡単。

親が折り紙をハサミでチョキチョキ切って、モチーフ作りをする

出来上がったモチーフの上に、子どもに絵を描いてもらう

バランスを見ながら壁にマステで貼り付け

以上です。

マステを使えば壁に傷がつきにくいので、ダイナミックにウォールアートができます。

子どもは大興奮してくれると思います。

もちろん子どもがハサミ使いが得意なら子どもにモチーフを作ってもらってもよいです。

親は子どもがやるのを見ていてもいいし、マステを壁に直に貼ったりして文字や模様を表現するのもなかなか楽しいです。

ちなみに、マステを短くカットしたものをあらかじめ何枚か机の端とかにくっつけておくと、子どもはそこからマステを剥がして壁に貼ってくれるので、いちいち「テープ切って〜」とならなくて低ストレスです。

我が家の場合は、ウォールアートを思い立ってから完成までの所要時間は1時間くらいでした。つまりこれで1時間くらいは過ごせるということです。雨の日の1時間は結構大きい。

とても楽しかったようで、毎晩「今度はクリスマスのを作ろうね」と急かされているので、今度の天気の悪い週末はクリスマスバージョンのウォールアートを作ってみたいと思います。

ウォールアートに使うマステは、我が家はマークスさんのマステを使っています。

カモ井さんのマスキングテープの方が少し安いし、100均にもマステはたくさん売ってるんですが、壁に貼って使うとなると粘着力が弱いものが多いです。剥がれてきてしまうので。

文房具が大好きなのでマステは数えきれないほど持っていて、色々使って試してみましたが、ウォールアートをするならマークスさんのマステが粘着力があり、しかも壁を傷つけないので、間違いなくベストです。

雨の日のウォールアート、母子家庭の救いの遊びとなりますので、ぜひやってみてください。

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました