『まなびwith』の資料請求をしてみた。

最近の関心事、小学校の入学準備シリーズです。

小学館系列の民間学童を見学したのをきっかけに、2019年4月から新しく始まるという通信教育の『まなびwith』に興味を持ち、資料請求をしてみました。

請求から1週間ほどで到着。
資料のほか、年中コースのお試し版が入っていました。
686BCD77-90B6-4E88-992E-D018D129724B.jpeg

さっそく息子にやってみてもらいました。
23896C28-B935-4868-A1CB-5C7CDE8DF77C.jpeg
キャラクターへの食いつきはまずまず。問題数は適量かな。

今やっているこどもちゃれんじと内容を比較してみると、ちゃれんじより全体的にちょっと難しいかな?という印象です。

息子はちゃれんじのキッズワーク(ドリル的なもの)だと自分で問題を読んでどんどん進めていってしまうのですが、まなびwithは問題文の書き方からして少し難しくて、息子は最初「なにをやればいいのかな?」と固まっていました。

大人からすると「この書き方だとこういう答え方が求められてるな」とさっとわかることでも、子どもにはまだ難しいんだなと感じつつ、こういう積み重ねを通して読解力が増していくんだろうな〜と思いました。問題文ひとつとっても、日本語ならではの行間を読む訓練になっていくんだろうね。

まなびwithという名前やそのコンセプトからして「親子で学ぶ」という概念があるようなので、少なくとも最初のうちは隣に付き添って勉強するイメージの教材なのかなという印象です。

一緒に学習していくスタンスは私自身も大切にしたいと思っているので、ウェルカムです。

資料を読んでいる中で一番ささったのが、 「まなぶのが好き」とはじめに思うこと。
それは、子どもたちにとって一生つづく財産です。
という言葉。

その通りだなーと思った。人生はずっと学びの連続だからこそ、最初に学ぶ楽しさを味わってほしいと思うんですよね。学ぶことに苦手意識を持って欲しくない。だからこそ入学準備のことを色々考えているわけです。

学びはじめの時期だからこそできる「一緒にまなぶ」経験を、大切にしていけたらなと思います。

教材はいわゆるドリル的なものだけでなく、例えばまめがどのように豆腐になるのかとか、生活の中での学びもできるような作りになっているのがよいなと思いました。
E743DD73-477C-4004-8099-1ADBFA55839F.jpeg

小学校以降の教材の内容は教科書に即した内容ではなく、2020年からの新学習指導要領を踏まえながらのオリジナルな内容だそう。

いわゆる詰め込み式勉強ではなく、考える力や思考力、発想力を身につけることに重きを置いていることに共感しました。

学習指導要領が変わるということで色々不安もあるので、先取りして準備できるのはありがたい。小学校に入ってからの通信教育の候補として検討したいと思いました。

まなびwithのサイトはこちら。

この記事へのコメント